ブックサービスのシステム

スポンサードリンク

ブックサービスのシステムは、ヤマトホールディングスが筆頭株主であった頃に形成されており今でも利用者にはブックサービス=クロネコブックサービスというイメージが定着しています。また現在も配達にクロネコヤマトを利用していることから、配達前に荷物問い合わせのメールが送信されてきます。 一つ難点なのは、ブックサービスは上位300件までしか検索結果を表示しない為に刊行商品数が多い出版社と作品数の少ない著者の組み合わせはこの300件の中に含まれない場合があり検索をしても希望の本が出ない場合があります。 クロネコブックサービス時代から書籍雑誌以外も取り扱っておりDVDやCD、VIDEOの新商品の予約も可能です。チャートも掲載していることから人気作品が一目で分かります、また予約や新着情報も掲載しているので、気軽に注文を行うことができます。特にクロネコヤマトの配送を利用している為、きちんとした梱包で届くためにケース割れや破損などの心配もなく安心して注文できます。

ブックサービスについて

クロネコブックサービスの時の方が、クロネコとついている点で初心者には非常に安心して利用されていたと思いますが、クロネコ表記が取れた今でも安心して利用してもらえるようブックサービスは努力をしています。そのために、注文状況やヘルプなども分かりやすい位置に掲載していますし、本の検索も、検索エンジンやポータルサイトを利用する感覚で行えます. 複数のキーワードを利用する場合は、詳しい検索のタブをクリックし、表示されたページに入力することで項目別にも検索が行えるため、簡単に探している本を見つけることが出来ます。 オススメの本として、ベストセラーやセレクトされたシリーズ、出版社別などにも掲載していますから、特定の本だけでなく何か本を読んでみたいと思ったときに参考にして選ぶことが可能です。 クロネコブックサービスとしてでなく、ブックサービスとしてみなさんに大切な1冊を届ける為のサービス展開に惜しみない努力をしているのが分かります。

スポンサードリンク